WEB-zarashi

パソコン操作の作業効率をUPさせる小技を中心に!なんだかサクラエディタ(正規表現)系の記事が多くなってきた気はする。

「重複の削除(マージ)」Excelを使わない!<サクラエディタ>

準備(サクラエディタのインストール)

今回紹介する手順では、サクラエディタを使用しますので、下記手順に沿って事前にインストールをお願いします。インストールは非常に簡単なのでご安心を。

サクラエディタのインストール(ダウンロード)手順とサクラエディタでできること

 

サクラエディタを使用した重複の削除(マージ)

それでは、サクラエディタを使用した重複の削除手順を以下に記載します。サクラエディタを使用する場合のデメリットは、データを昇順(降順)に並び変えないといけないところです。データの順序を替えたくない場合には、エクセルなどで重複の削除を行ってください。

 

★サクラエディタを使用した重複の削除手順

1.対象の文字列をサクラエディタに張り付ける。

  ※エクセルの数行×数列のようなデータも重複の削除可能です。

f:id:webzarashi:20170731085237p:plain

 

2.対象の文字列を範囲選択する。(全範囲なら全選択:CTRL+A)

f:id:webzarashi:20170731085257p:plain

 

3.選択したデータを昇順(降順)に並び替える

 (昇順に並び替え:ALT+A、降順に並び替え:ALT+D)

f:id:webzarashi:20170731085311p:plain

 

4.選択したデータの重複を削除する(重複の削除(マージ):ALT+M)

f:id:webzarashi:20170731085346p:plain

 

※サクラエディタの重複の削除(マージ)の場合は、必ずデータを昇順(降順)に並び替える必要があります。並び替えをせずにマージしてもうまくいかないのでご注意ください。「CTRL+A→ALT+A→ALT+M」と手が覚えてしまうと、エクセルよりも気軽に使用できるので非常におすすめの機能です。

 

 

なぜExcel(エクセル)を使わないの?

重複の削除をしたいとき、一番最初に思い浮かぶのはエクセルの機能ですね。ですが、エクセルの重複の削除にはいくつかの弱点があります。この弱点を理解したうえで、使い分けが出来ると良いかと思います。

 

★Excel(エクセル)の重複の削除のデメリット

・エクセルのバージョンが古く、重複の削除の機能がない!!

・重複の削除漏れが起きる可能性がある(真相は不明。可能性がある。)

・英字の大文字/小文字を重複と判断する

 (AAAとaaaで重複の削除をすると、aaaが削除される)

・エクセルを起動するのが面倒(起動に時間がかかる)

・いま開いているエクセルを余計なことに使いたくない

 

以上、 「「重複の削除(マージ)」Excelを使わない!<サクラエディタ>」でした。

 

スポンサーリンク